入れ歯・義歯

 

私たちは歳を重ねるにつれ、虫歯や歯周病、あるいは事故などで歯を失うトラブルに見舞われることがあります。そのように失った歯の修復方法として、現在では「ブリッジ」、「取り外し式の入れ歯」、そして「インプラント治療」の3つがあります。

ブリッジやインプラントは、お口の中に確実に固定させるという点では、入れ歯より格段に優れた修復方法といえるでしょう。しかしながら、失った歯の本数や位置、歯槽堤(顎の形)によっては、固定性のブリッジやインプラントによる修復ができないこともあります。そのような場合には取り外し式の入れ歯に頼るしかありません。

 

優れた入れ歯の条件としては

◆ お口の中でピタッとあってズレない

ことはもちろんですが、

◆ クラスプ(入れ歯をとめるバネ)が見えないこと(違和感の無い外見を実現できる)

 

◆ 残存歯への負担が少ないこと(健康な歯を長持ちさせる)

◆ 顔貌(顔つき、表情)の回復のできること(表情に自信が持てる

などを挙げることができます。

ページの先頭に戻ります