歯科医師:西本桐子


1987年、温暖な気候と美しい瀬戸内海の広がる愛媛県で生まれ、学生時代は福島で過ごしました。地域によって患者様の歯科治療への思いが微妙に違うなと感じながら、毎日治療に携わっています。
現在、虫歯も減少し、いわゆる歯槽膿漏と言われている歯周病も定期的にメンテナンスをしっかりと行うことで予防もできるようになりました。歯を失うと見た目だけでなく美味しく食べる事もできなくなります。『食べる』事は健康を維持するために必要不可欠で、幸せの源でもあります。お口の中の細菌は様々な病気に関与します。最近は、医科から、手術前にお口のメンテナンスの指示を受けて、来院される患者様も増えています。
歯科医院はあまり来院したくない所でしょうが、来院された日をお口の健康を通して、一生豊かな人生を過ごすためのスタートの日とできるよう、しっかりとサポートさせていただきます。
ページの先頭に戻ります