歯垢(プラ-ク)の正体とは

ステ-ションビル歯科で毎年開催している

「歯と口の健康週間イベント」のひとこま

 

イベントの一番人気は位相差顕微鏡体験でした。

お口の中で、虫歯の原因となる細菌、

歯周病を誘発する細菌などを観察できます。

 

歯に着いている歯垢(プラ-ク)をちょっと採って

位相差顕微鏡で見ると、

たくさんの虫歯菌や歯周病菌が活発に動き回っています。

プラ-ク1mgに約10億個、そう、歯垢は細菌の塊です。

 

また、虫歯菌や歯周病菌は、お口の中から全身に回って

心臓疾患の病因にもなっています。

 

でも、怖がらないでください。

 

ステ-ションビル歯科の優秀な歯科衛生士と真剣に取り組めば、

見違えるように歯ブラシが上手になり、プラークコントロールができるようになります。

ページの先頭に戻ります
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。