「医者に手術する前に歯医者へ」と言われた。

医学の父と言われるヒポクラテスは、口腔に慢性感染症があると全身の健康を害すること、その疾患をなくすと健康を回復することから、口腔の健康の大切さを強調していました。

口腔内の慢性感染症が、心内膜炎、腎炎、関節炎の原因になることが医学的にも発表されています。

健やかな生活の基本は口腔の健康であると、世界保険機構の世界保険デーのメインテーマです。

寿命が伸びるに従って、歯を喪失する原因が虫歯(う蝕)から、歯周病になりました。

65歳の以上の80%もが歯周病に罹患しています。そこで問題は、歯周病が糖尿病、呼吸器疾患、妊娠トラブル、心疾患に重要な関わりを持っていることです。

最近の様々な研究から歯周病と全身疾患の関わりが解明され、歯周病治療によって糖尿病などの全身疾患が改善されるという事実から、歯周医学という概念が確立しました。

最近、ステ-ションビル歯科にも、医師からの紹介状を持参する患者さまが増えてきました。

歯周病の進行を防ぎ、全身の健康を守るために、定期メインテナンスをご利用ください。

スタッフ一同お待ちしております。

溝の口ステーションビル歯科

院長 宮城直美

ページの先頭に戻ります
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。