ページの先頭へ

Q&A 子供が寝ている間に歯ぎしりをするのは大丈夫ですか?

子供が睡眠中に歯ぎしりをすることは一般的ですが、注意が必要です。

歯ぎしりが激しい場合や頻繁に起こる場合は、歯や口腔の問題を引き起こす可能性があります。

通常、歯ぎしりは睡眠中に無意識のうちに行われ、ストレスや不安などの心理的要因に関連しています。

子供が歯ぎしりをする場合、歯並びや咬合の発育に影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

歯ぎしりが継続的に起こる場合は、マウスガードの使用やストレス軽減のためのリラックス法など、適切な対策を検討することが重要です。

溝の口ステーションビル歯科では、子供の口腔健康を定期的にチェックし、適切な対策を提案しています。

また、歯ぎしりが睡眠の質に影響を与える可能性もあるため、保護者に子供の睡眠状態を観察することの重要性をお伝えしています。

ページの先頭に戻ります
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。