ページの先頭へ

Q&A ホームホワイトニング製品を使用した後、歯が敏感になるのはなぜですか?

多くのホームホワイトニング製品には、過酸化水素や過酸化尿素などの過酸化物が含まれています。

これらの成分は、歯のエナメル質に浸透して歯の内部の色素分子を分解し、ホワイトニング効果をもたらします。

しかし、以下の理由で歯が敏感になることがあります。

1エナメル質の脱水:ホワイトニングジェルの使用により、歯のエナメル質が一時的に脱水されます。
この脱水状態が、歯の内部にある象牙質の微小管を通じて神経に刺激を与え、敏感さを引き起こします。

2マイクロクラックの影響:歯には微小な亀裂(マイクロクラック)が存在します。
ホワイトニング剤によってこれらの亀裂が一時的に広がり、外部の刺激(冷たい飲み物や食べ物など)に対して敏感になります。

3既存の歯の問題:すでに歯に摩耗、虫歯、歯肉の退縮などがある場合には、ホワイトニング剤の影響を受けやすく、敏感さが増すことがあります。

歯の敏感さを軽減するために、溝の口ステーションビル歯科では以下の対策を行っています。

ホワイトニング剤の濃度や使用頻度の最適化:個々の患者様に合わせてホワイトニング剤の濃度や使用頻度を調整します。

フッ素やカリウム硝酸塩を含む敏感用の歯磨き粉の使用:これらの成分を含む歯磨き粉を使用することで、歯の敏感さを軽減します。

ページの先頭に戻ります
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。