アメリカのセミナーに行ってきました

当アメリカ研修滞在記
10月7日から14日まで、ラスベガスのインプラントセミナーとロサンゼルスのホワイトニングセミナーに参加するため、アメリカに出張していました。

(その間はいつも通りにご予約いただけず、皆さんには大変ご迷惑をおかけしました。)

この7日間でどのような学習や経験をしてきたのか、このページで皆さんにもお伝えしたいと思います。

1. インプラントセミナーに参加(inラスベガス)
2. ホワイトニングセミナーに参加(inロサンゼルス)

1. インプラントセミナーに参加(inラスベガス)
ラスベガスと聞くとショ-やギャンブルで遊ぶところのイメ-ジがあると思いますが、インプラントではハーバード大学で認定されているカリキュラムを組むユニ-クなセミナ-が毎年開催されています。
木曜日の午後ラスベガスに到着、金曜日、土曜日は朝8時30分から午後6時まで、日曜日の早朝にはロサンゼルスに出発するという時差ボケと戦う強行日程でラスベガスを楽しんでいる時間はありませんでしたが、中身の濃い、すばらしいセミナーでした。全米各地から9人,日本から私1人、参加者はノ-ネクタイのカジュアルの服装で、アグレッシブです。
通常、上顎(うわあご)のインプラント治療は下顎(したあご)に比べ難しく、上顎の骨が特に不足しているケ-スでは、今までインプラント治療をあきらめていただいていました。そのような難ケ-スを、いかに患者さんへの負担を少なく治療できるかが今回のテ-マです。
ホストのLeon Chen,DMDがまず治療システムについて豊富な症例を見せながら説明し、我々は2日間で3人の患者さんの治療に加わりました。その後、私も含め参加者は患者さんの資料を持ち寄り、自由に意見を交わしました。昨年11月は別のテ-マで、今回は2回目、そして来年8月には5日間にわたるセミナーが予定されています。
社会が高度先進化しているように、日々の歯科医学の進歩も目を見張るものがあり、我々医療に携わる者は常に自己研鑽を積んでいなければならないと肝に銘じています。
≫≫インプラントに関心のある方はこちらをご覧下さい

 

1. インプラントセミナーに参加(inラスベガス)
ロサンゼルス到着後、そのまま、サイエンスセンタ-で開催されている「Body World」を見に行きました。ここでは人間の身体を内部から、皮膚、筋肉、骨、血管、神経を確認でき、映画ではミクロに赤血球などの細胞の動きもみることができます。そして一番驚いたことは大人でも難しい内容なのに、年齢と英語とスペイン語を組み合わせたわかりやすい解説テ-プを貸し出し、4歳の子供でも理解でき、スペイン語しかわからない人々も内容がわかることでした。これなら、小さい時から科学に親しみ、将来優秀な科学者がきっと育つなと感心しました。
翌月曜日はガ-ディナとコスタメサという街で日系歯科医院の見学をさせてもらいました。なんと朝7時30分から治療が始まっていました。ただ脱帽!日本語と英語どちらも話せるバイリンガルの歯科医師とスタッフがおりますので、ロサンゼルスに留学・転勤される予定で歯科医療に不安がある方にはご紹介させていただきます。その節はステーションビル歯科までご連絡ください。午後ホワイトニングセミナーに参加、そこで新しいオフィスホワイトニング剤を紹介され、より効果があり、安全性も高められていますので、ステ-ションビル歯科でも導入することにしました。
≫≫ホワイトニングに関心のある方はこちらをご覧下さい
火曜日はリトル東京を散策、買い物をする唯一のフリ-タイムでした。ちなみにアメリカは車社会ですので、私はいつもレンタカ-を借りて移動しますが、慣れると本当に便利です。
水曜日に帰国の途に着いたのですが、機内の映画は故障で楽しめず、飛行機は3時間遅れで成田の到着。最後にどっと疲れがでましたが、今回のセミナーで得られたものを、ステ-ションビル歯科の臨床に活かしていきますので、どうぞよろしくお願いします。
ページの先頭に戻ります
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。